自動車免許取得はラクラク合宿|合格ロードへの一方通行

免許

気をつけるべきところ

自家用車

自動車免許を取得する為には、一定の学科と実技を受ける必要があります。その為、合宿免許に滞在している期間中は、1日のほとんどを教習に充てることになります。空いた時間を活用して観光に充てることも可能ですが、土地勘のない地域での外出は気をつけるようにしましょう。自動車学校によっては、入校から卒業までに何かあった際、補償がおりるように保険加入をおすすめしているところもあります。約2週間とは言えども、その期間中に何が起こるか分からないものです。保険加入をしておくと大きな安心感を得ることが出来るでしょう。

自動車学校も、宿泊をする宿泊施設も、他の利用者との共有スペースとなります。そうしたところでは、他の利用者の気分を害さないようにマナーをしっかりと守る必要があるでしょう。寮によっては自室にシャワーやトイレが備えられているところもありますが、格安料金を提示しているところの中には、大浴場や共有トイレの使用となる場合もあります。

合宿スタイルでも、通学スタイルでも、自動車学校で必要となる教習料を、入校する際に支払う必要があります。現金ですぐに支払えないという場合は、ローンを利用することも可能でしょう。全ての試験をストレートで合格し、予定通りに卒業が出来れば問題はありませんが、不合格となり、再試験になると、加算される料金が発生します。試験料や、伸びた期間の宿泊料です。どういったことになるのかが分からないので、手持ちの現金は、余裕を持って備えているといいでしょう。入校を決める前には、自動車学校の最寄りに、自分でも利用が出来る銀行のATMの有無や、必要不可欠な施設の有無を確認しておきましょう。